Ubuntuコマンド自分用(随時更新)

<ディレクトリのコピー>

cp -r コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ


<ディレクトリの削除>

rm -r 削除対象ディレクトリ


<root権限>

sudo su

権限取得

exit

権限解除


ディレクトリのファイル確認>

ls -l

<使用メモリ確認>

free


<サービス開始/状態確認/再開>

service "アプリ名" start/status/restart

<インストールされているソフトウェアの確認>

dpkg -l

一覧表示

dpkg -l | grep "condition"

絞り込み検索

<ファイル書き込み権限変更>

chmod 777 "ファイル名"

4 読み込み 2 書き込み変更 1 実行
で、左から所有者、グループ、その他
なので、777は所有者、グループ、その他(要は全員に)ファイルアクセスの全権付与を行う という意味。